ページビューの合計

2017年12月8日金曜日

たまねぎはラスト挑戦です。べと病との戦いを開始です。

2017年7月31日にアップした内容を追加し、発行日を12月に修正しました。
2017/12/09までに2種類のたまねぎは無事に定植が修了です。

10/17 極早生の定植が修了です。
 11月に肥料と消毒をしています。
今のところ元気なので殺菌剤(ダコニール)にしています。
毎月定期的に消毒します。
きつい農薬は最後の手段です。

玉ねぎの苗です。
今年は苗作りに少し問題がありました。反省です。
つまり、腐葉土や牛糞などが少なくて、根がしっかりと張って行かなかったのです。
そのために名を取るときには水分を十分やって、土がついた状態で定植をしました。

随分余りましたが、小さいものは遊びで少し植えました。
これは育てるかどうかは決めていません。
できれば極早生の種を採取してみたいのです。
たまねぎの種は来年にはできません。再来年になるんです。

極早生を150本
12月8日に中晩生を150本植えました。
毎年2畝植えていましたが、今年は1畝でしっかり育てたかったのです。

---------------------------------------------
以下は初期の内容です。
ここ数年、たまねぎはべと病で収量が大幅に減っています。
特に昨年は最悪で早生以外は収穫を諦めてしまいました。
今年は最後の挑戦にします。失敗すればもうたまねぎからは撤退します。

今年購入は右の5種類です。
たまねぎは、今までで栽培に成功経験のある品種に戻しました。
写真では右端の2つです。
フォーカス(極早生品種)
ネオアース(中晩生品種)

さて、まだ時間があるのですが、種まき前から準備するのかとJAに聞きに行きました。
少し話を聞いてから、べと病に侵されて畑を消毒するのは無理であると諦めました。
要するに畑の対策はしないことにします。
諦めた理由は、ごくわずかしか栽培しないので難しい処置をする気にはならなかったからです。話も半分からは理解不可能でした。また、岡山県では昨年は特にべと病の被害が大きく、全滅した方も結構いらしたそうです。地域によって大きく差があったと聞きました。べと病の菌は風で飛んで行くので自分の畑だけ対処してもあまり効果ないと聞きました。

栽培は挑戦してみます。ここからは少し話も理解できたのでメモを残すためにブログにしたのです。
栽培の要点(太字は今回から
  1. 育苗は従来の通り。
    1. 種まき フォーカス 9月10日までに  ネオアース 9月25日頃
    2. 定植直前に殺菌剤での消毒をする。  殺菌剤の説明は別途記載
  2. 健康に育っているときにも1ヶ月に一度は殺菌剤消毒する。(3月までは必須)べと病に侵されたらすぐに消毒する。
殺菌剤に関して
  • 殺菌剤には2種類ある。そのことを今回はじめて理解しました。どちらも利用できる回数などの制限があるので複数の殺菌剤を組み合わせて使用数r.
    • 予防目的の殺菌剤:ダコニールなど!要するに健康な色をしているたまねぎにべと病予防に利用する殺菌剤です。べと病になってしまうと実際には効果が殆ど無いです。
    • べと病対処の殺菌剤:プロポーズなど!少し高価!ただし、初期の段階でなければあまり効果は期待できない。(実感です。)

近くでは淡路島がたまねぎの有名な産地です。底ではべと病を克服していると聞いたので、ネットの資料をリンクしました。プロ用なので内容は少し難しい!

さて、今年の成果はどうなるでしょうか!
今は畑も冬野菜に向けて色々と準備中です。


もう一度宣言しますが、今回失敗したらたまねぎ栽培からは撤退します。



2017年12月6日水曜日

美人でもブスでもないお姉さんが焼くカキオコ

久しぶりにカキオコが食べたくて出掛けました。
お店に入る前に驚きました。あの看板が蘇っていました。(^^)
カキオコが有名になってから何度か足を運んでいますが、最近はこのお店だけに行くようになっております。行くのは1シーズンで一度くらいなんですよ。

どんな方でしょうね?

 「美人でもブスでもない
お姉さんが焼きよるでー
自然がいい自然が・・・」
良い看板でしょう!
私が行く理由は「自然」と足が向くからなんです。

お気に入りのメニューもほぼ同じです。

おっぱい焼
海のおっぱいでしょうか?
美味しいのなんの!

 カキオコです。
お腹がいっぱいになってしまいました。

お店の外の他の看板も!
お店の名前は日生の「安良田(あらた)」さんでした。

さて、せっかくですからお店を出てからのカキオコの街の風景も少しアップしておきます。
 冬の日差しが良かったです。

 牡蠣の養殖イカダの風景
小さいのでわかりませんが、筏の片隅にはカモもいます。

牡蠣ロープ

 牡蠣打ち場です。

帆立貝
実はこれに牡蠣をつけて養殖します。

養殖の準備中ですね。

桜満開
ブルーハイウェーでの駐車場に咲いています。 
 冬桜のようです。

 春にも咲いていましたから年に2会咲くようですね。

 この海にも牡蠣の養殖イカダがいっぱいです。


2017年12月2日土曜日

中国自然歩道歩き 大内谷→土居駅 フユイチゴがいっぱい

今回の中国自然歩道歩きは大内谷から土居駅までです。
リーダーが計画した3段階のステージもいよいよサイゴンのステージ(最も難易度が上がる)になりました。
大内谷を出発するとすぐに、フユイチゴの群落がありました。
 皆さんで頬張っても食べつくすことがないほどありました。
コレはその中でも特に立派な房です。

 スタートしたときにとても寒くて、足元はこのとおりです。

いきなり登りになります。
段々と勾配が急になるのですが、途中の数カ所はこのとおりです。


 登りの最後が見えます。
かなり厳しい!(^^)

 上から下を!
上り詰めた後は尾根伝いに少しゆっくりと歩けます。

 大きな木に、小さな枝が・・・・
よく見ると何かいるんです。

キボシマルウンカです。名前は教えていただきました。
テントウムシの仲間と信じて帰ったのですが、なんとなく違う気がして悩んでいました。
始めてみました。もう少し遊びたかったです。

 コシアブラの葉っぱでしょうか?
落ち葉を踏みしめて歩くとしばらくは素晴らしい香りがするので、皆さんでその原因を突き止めてくれました。少し緑が残っていると香りがないのです。
知らない不思議が未だにいっぱいあるものです。
この香りは後半でも楽しめました。

 最初の下りで池の撮影です。見事な反射です。

見慣れない樹僕が広がっています。
しばらく何かわかりませんでしたが、地元の方に聞いてやっとわかりました。
ユーカリです。パンダの餌用に植林したそうです。
ただ、輸送の途中で葉っぱが痛むらしく、今は供給がストップしているそうです。

 お話をお聞きしたのは猟友会の方!
獲物を運ぶ直前でした。

 とても素晴らしいお天気!

 リュウノウギク(竜脳菊)のようです。

 どこまでも続く落ち葉の道
素晴らしい音を出しながら歩きます。

 ヒヨドリジョウゴ

 後醍醐天皇御口漱の泉
隠岐へ流されたときに、ここで水を飲んだそうです。道端で気が付きにくいです。

 タカサゴユリも咲いています。

 杉坂峠です。いよいよもう一度登ります。

杉坂峠・杉坂関所の跡です。
ここで大きな木から舞い降りた蜘蛛!
いいですね!
しばらく休憩して移動開始です。

かなり薄暗い場所を進みます。

 途中できのこの集団!
食べれるのかな?

 少し展望が開けました。

シャクガでしょうか!

コレも面白いきのです。大きな丸太全てがこうなっているんです。

 温かいです。
下着とシャツだけになりました。

 ステキな柿の木

 蓮華寺

 水遊び
 蓮華寺が2つ
実は私が道に迷ったのです。蓮華寺が2つあるのです。どうも、地名の蓮華寺とお寺の蓮華寺が存在しているようなんです。他の方も混乱しないのでしょうか?

日曜日限定のパン屋さん。
ネットで調べると、20個くらいしかはんばいされていないそうなんです。
土曜日だったので、当然しまっていました。

歩いていると見つけてくれました。
ナツアカネのようです。

土居駅の前にある惣門
関所廃止令で取り壊されたものを復元したそうです。
宿場町に惣門を備えていたのは、珍しいと着されています。

さて土居駅到着です。
2週間連続での歩きはかなり疲れました。
でも何気ない場所での色んな発見はとても貴重ですね。
今は自由になかなか動けませんが、できるなら最後まで(2018年11月最終)歩きたいです。
-------------------------------------
活動時間活動時間 6時間8分
活動距離活動距離 14.32km
高低差高低差   216m
累積標高上り/下り累積標高上り/下り 1,014m / 1,033m
消費カロリーカロリー  1684kcal
スタート 09:46
↓ 3時間7分
杉坂峠 12:53 - 12:57 (4分)
2時間57分 ゴール 15:54