ページビューの合計

2022年9月15日木曜日

水晶山(岡山県)を歩く!ヒバカリと信じていましたが、シマヘビの幼体でした。

水晶山は岡山県新見市にある低い山ですが、楽しく登ることが出来ました。
本当に久しぶりに出かけることが出来たのです。たまにしかいけなくなってしまいましたが、やはり山は良いですね。
今回はヒバカリと素敵な出会いがありましたが、お嫌いな方もいるので写真は最後に掲載しておきます。私には今回の最高の出会いでした。
ヒバカリではなく、シマヘビの幼体とのご指摘を受けました。調べてみるとたしかにその通りで修正します。

集合場所に咲いていた彼岸花です。かなり咲いていました。我が家周辺ではまだまだのようです。

コウヤボウキでしょうか!

駐車した場所からすぐに登山道の看板です。

ニホントカゲ


ナツアカネも今回よく見ました。季節ですね。

タラノキの葉っぱ

ヒョウモンチョウの仲間もよく見ました。

ホオジロのが路上で出迎えてくれました。
小さくて写っていません。

多分、初めてみた花です。
ヤブマメのようですが?

この端がたくさんありました。今回じっくり見ました。
オトコエシ!?

ヒヨドリバナ

比較です。

ハギ

キツネノマゴ

始めてみた花です。

ヤブタバコだそうです。

ミドリバエ
見た通りの名前です。

クサボタンに止まっていました。

ヌルデ

ナツアカネ

なんだか大きい!
オオイヌタデでしょうか?

処理場までの道路から水晶山に

いきなり美しい葉っぱが!
多分チャドクガの幼虫が作った芸術です。

途中まではきれいな道です。

たくさんおヒカゲチョウを見ました。

今回の失敗!
この看板を見て直進を選びました。
なんの疑いも持たなかったのです。

路上に咲いた可憐な花!

道を覆う倒木!

がけ崩れです。
この向こうで道は塞がれていました。
引き返すことにしました。
かなりの距離を間違えたのです。
引き換えしてから水晶山に行きました。

道で拾った水晶

間違えた看板の場所です。

マダラカマドウマがいました。

看板の下に矢印を少し罫書きました。

一気に頂上へ!
赤いテープをしっかり確認しながら登りました。

直ぐに到着です。

昼食後、すぐに下山です。

最後に見つけた大きな水晶!

なんと、メンバーの一人にウラギンシジミのオスがつきまといました。

(^^)

この木のみは同定できませんでした。気になったのでアップしています。

今回も1種類の樹木に興味を持ちました。
コウゾの葉っぱのようなのですが、何度か説明をしていただいた記憶もあるのですが、これがコウゾなのかヒメコウゾなのかが理解できていないのです。
やはり外に出ると楽しいですね。

最後にシマヘビの幼体(ヒバカリではなかったです。)の写真です。
側溝に落ちていたのです。生きている姿は久しぶりです。
我が家周辺ではイノシシが活動を開始してからは殆ど見なくなったのです。
このままにしておくと死んでしまうので、しかたなく逃がすことにしました。

いきものはできるだけそっとしたいことと、蛇は間違えてマムシをつかんでからは、触らないと決めていたのですが、可愛くて外に出してあげたのです。

ヒバカリ(とても小さいですよ!)

ジムグリ(この子も小さい)
最初はジムグリと思っていたのですが、最後は大混乱してヒバカリに名前が混乱したようです。
上の2枚の写真はどちらも10年前の私の畑で撮影したものです。
今回シマヘビの幼体を最初ジムグリやヒバカリと錯覚してしまいました。
シマヘビの幼体だと教えていただいたので、今まで幼体に触れたことがなかったのでこれはいい思い出になります。(もう少し大きいシマヘビの顔の模様とたしかにそっくりです。)

2022年8月30日火曜日

巣箱の回収と準備 シジュウカラが巣を作っていたようです。チョコも協力した形跡!

 鳥の巣箱を畑に設置してから5年目です。
今年は5つの巣箱を甘夏の周辺に設置しました。
すべてを回収し、中を掃除してからまた設置し直す予定です。

右の2つはすでに掃除を済ませています。


今回3つを回収してきました。
結果的には4つに巣を作った形跡があります。
目撃できたのはすべてシジュウカラでした。
今年は巣の出入りする姿はあえて撮影しませんでした。
畑仕事と観察のタイミングが合わなかったことと、できるだけそっとしてやりたかったからです。また、巣箱の出入り口を隠すように設置していました。

この巣箱だけはチョコの毛がありませんでした。
他は明らかにチョコの毛がありました。
5月には庭にシジュウカラが何度もチョコの毛を集めに来ていました。
チョコの怪我巣材に利用されているのはとても嬉しいです。

巣箱の近くでも何度も目撃していました。

すべての巣箱を清掃して10月までには再設置する予定です。
来年は雛も見てみたいですね。

そのためにはチョコには長生きしてほしいです。