ページビューの合計

2018年6月18日月曜日

アジサイ!備前市・大滝山西法院!

あじさいを見に行きました。
備前市にある大滝山西法院ですが、地図を見て驚きました。
少し前になりますが、熊山の上に連れて行ってもらったことがあるので思い出せました。
細い道なんだと、自分に言い聞かせて安全運転でなんとか迷わずにたどり着きました。

予想していた以上に素晴らしいアジサイがたくさんありました。
派手な品種もありましたし、

 アジサイらしい品種もたくさんありました。
どちらかと言うと私はこういった品種が好きです。

 ご住職?
oniビジョンの車が一台あったのですが、取材かもしれません。

 最近は八重の品種も増えていますね。

 ひっそりと

 水子地蔵でしょうね!

 きれいな滝もあるんですよ!

 アジサイ

 結構お客様が多かったです。

 クマバチがたくさんいました。
 これも変わったアジサイ!

 ヒラタアブが来ると、つい興奮します。

 八重にも

 八重はたしかに派手ですね。

 この色が出るとは!

女性が圧倒的に多かったです。

 派手さは一番だったでしょうか!

 鮮やか!

 この色が特に気に入ったんです。

 目移りばかりしていました。

 きれいでしょう!

初めて訪問したのですが、印象にの頃場所でした。


2018年6月14日木曜日

アジサイ!吉備津神社にて!

最近は出かけることが極端に少なくなってしまいました。
梅の収穫も終わりましたが、まだまだ畑仕事も残っています。
午前中の予定が空いたので、諦めていた野鳥観察に吉備津神社まででかけました。
ところが日程を一週間間違えていたんです。現地について気がついたんです。
私の間違いでした。
気分転換してアジサイの花を撮影して帰りました。
 アジサイ
きれいに咲いていましたよ!

 アジサイになにか居ます。
嬉しくなってしまいます。

少し大きくなっていますね。 
そっとしてあげました。


私が撮影するアジサイには何故か虫さんが居ます。

 せっかちなのか、一枚撮影したら逃げていきました。

 君、瓜の花ではないよ!
恥ずかしそうでした。
(^^)
ヒラタアブ!

 可愛いでしょう!

ぶら下がっています。

ハンターもいました。

紫陽花の葉っぱ!
間違って行ったんですが、いい気晴らしになりました。
少しのんびり撮影できました。十分満足です。
(^^)

2018年6月13日水曜日

メダカ観察中に針子が生まれてた。デジタル顕微鏡(Nomeo)は面白い。

メダカの卵の観察の続きです。
デジタル顕微鏡(Nomeo)の操作に少し慣れたのですが、もう一度整理しておかないと忘れそうなので、今回は中途半端な状態で更新します。
自分で整理できれば追記していく予定です。
本日アップできるのは動画だけです。
私にしては少し長い動画です。
実は数時間の録画からカットして、つなぐという編集をしているためです。
作成途中
以下は本日の気になった点などをランダムの記載しているだけです。

メダカ

  1. 卵に藻が生えているような気がする。
  2. 卵はスイレンの水槽にたくさんあるが、稚魚は見当たらない。
  3. スイレンの水槽かの壁に生えている藻を触ると、クリッとするものがあり、それをかき集めたら、全てメダカの卵だった。
  4. ということはスイレンの稚魚は全部食べられた?
  5. 水草だけの水槽では針子が結構泳いでいる。
  6. 針子よりも遥かに小さい虫(ミジンコのような気もする。)が結構いるみたい。
  7. 針子はそれを食べている?

デジタル顕微鏡(Nomeo)

  • 水の中は顕微鏡の照明ではとても見づらい。
  • LED照明を真横から当てたほうがよく見る。
  • 市販品のLED照明は条件によって画面がちらついてします。今回は自作のLED照明(抵抗と乾電池とLEDだけ)
  • 屋外の明るい場所では画面が真っ白になって使えない。
  • パソコン接続での観察に慣れた。これは便利
  • 何時間も録画して、あとで編集することが容易にできる。

2018年6月12日火曜日

梅の収穫 完全無農薬まだ続けます。

梅の収穫をしました。
完全な無農薬よ無化学肥料でもう何年もやっています。
私がお酒を飲めないこともあり、ほぼすべての梅は梅ジュースを作ります。
今年は梅干しと梅酒にも・・・・
ただ、それでも消費しきれないので残りの半分以上は姉に処理してもらっています。
 結構きれいな梅もありましたが、多くはそばかすのように見えるし、虫が食べているので捨てているんです。
それでも孫たちが口にすると思えば来年も無農薬です。

収穫前の状態です。

 実はこの畑はイノシシの遊び場になっているんです。あと何年収穫できるかも心配です。
この畑は山の上にあるので、電気柵や金網も現実的ではありません。

 我が家で一番大きな梅の木です。
実は今年は5個しか収穫できません。
先日探したときには一個だけ!
残念ですが、今年からこの大木とは左様ならするつもりです。

 こんな模様の梅が大量にあります。
実際には殺菌剤で消毒すれば消すことができます。

 場所によっては鈴なりです。

結局、全備で約20kg収穫できました。

どんなに加工されていくんでしょうね。
(^^)
さて、以下の動画は私のためだけのものです。

畑の様子をノーカットで残しました。

2018年6月11日月曜日

ジベレリン処理 2回目はフルメットも!

ジベレリン処理(ブドウ)の2回目です。
ブドウは3種類です。(瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット、ピオーネ)
今年の一回目は5月28日です。その時のブログです。
前回のブログでも問題視していたのですが、3種類のブドウの開花時期が大幅に違ってきました。昨年よりもかなり極端になっていると思います。
 瀬戸ジャイアンツです。
これが標準的な大きさです。やっと花が満開です。
瀬戸ジャイアンツが一番開花のばらつきが大きいようです。

シャインマスカット
やっと小さな実だけになりました。

ピオーネです。
大きいものは小指の先程のものもあります。
実はピオーネの実が予想以上に大きくて、前回のブログで準備した容器が役に立たなくなったんです。毎日見ていたのですが、ここ数日で一気に大きくなっています。
300CCの容器ではとても中に入りません。

 左端が昨年利用した容器です。
1000CC入ります。
右が前回用意した300CCです。
そして今回はその右です。
500CC入ります。

 ところがピオーネはこのとおりです。
5つくらいの房は大きすぎて入り切りませんでした。
仕方がないので、あとから液を手でこすりつけたんです。
来年の課題がまたできました。
500C容器はこの長さがちょうど作業しやすいんですが、途中で液が足りなくなります。
ブドウも増えているようなので、700CCくらいは準備したほうがいいようです。


 最後の方には液がなくなります。

 瀬戸ジャイアンツを最後にしたので、今回はなんとかできました。
  
なんとか3種類の処理が終了しました。
(ピオーネは極端に大きくなっているので無理かもしれませんね!)
今年は3回のジベレリン処理をしてみようと思います。
結果はどうなるかわかりませんが、やってみることに決めたんです。

これから一週間から10日の間で実施してみます。
それまで摘果作業などをもう少し進めておきます。
本日の作業で、端切りはかなり見落としがあったことがわかったからです。

容器の量が変化してもいいように、ジベレリンとフルメットの入れる量を毎回計算しなくてもいいように整理し直します。(追記予定)