ページビューの合計

2021年7月20日火曜日

オオスカシバ 誕生しました。きれいです。

 朝起きるとオオスカシバが誕生していました。
本当にきれいです。
我が家のクチナシに来るオオスカシバは卵や幼虫までは見るのですが、それ以上は見たことがなかったのです。
床にいたのです。
我が家にかくまってからちょうど20日目です。

見たところきれいな体をしているので写真をゆっくりと撮影できると思いました。
ところがすぐに!

飛び立ちました。

窓を締めていたのです。すぐに窓を開けて逃してやりました。
7月1日
大きくなった幼虫です。すぐ横にセグロアシナガバチがいたので思わず保護したのです。

7月4日
幼虫の色が変化しました。

そろそろ泥の中に入ると思って鹿沼土に入れると嫌がるのです。

仕方なく、クチナシを植えている場所の泥にしたら、すぐに地の中に入りました。
7月8日
それから時々確認したのですが、ゴキブリ色?の蛹になっていました。
そして本日、羽化したのです。
飼育が目的ではなく、今回はすぐに殺され楼に思ったので衝動的に保護した結果です。
今後どうするかはやはり悩みます。











2021年7月15日木曜日

大ヶ山(ダイガセン)は素敵な雨の中を散策しました。良い自然が残っていますね。

大ヶ山に行きました。
雨模様は覚悟していたのですが、豪雨にならなくて幸いでした。
到着するとすぐにソウシチョウの鳴き声で歓迎してくれました。小雨でしたが、この時期なので猛暑よりは良かったかもしれません。
雨が降るのは確実だったので頂上付近の駐車場からスタートです。
歩くコースの横は針葉樹があり、周囲が暗かったことも幸いし、なかなか素敵な雰囲気でした。
ウリハダカエデの木がたくさんありました。

すぐに大ヶ山の頂上です。

なんと久しぶりのヒグラシです。

実はうまく隠れていて見つかりにくいのです。
この日は3匹も目撃できました。

フタリシズカ

木の幹についた苔

アザミに捕まったハエ
蜘蛛がいると思ったらアザミに足が挟まっていました。

ハンカイソウ

シリアゲムシの仲間!
多分、ヤマトシリアゲ

雨が止まない!

私自身は好きな雰囲気なのです。

三ツ岩に到着です。

大きな岩の塊が3つあります。

反射板
実は間近で見たのは初めてです。

こんな可愛い花が足元に咲いていました。
アクシバです。

鬼の門への近道へ
雨が強く滑りやすいので私だけが降りてみることにしました。

急勾配の上に長前の影響で表面がとても滑り、苦労しました。
周囲はとても良い雰囲気です。

恐らく鬼の門はこの下あたりと思います。

残念ですが、ここで引き返しました。

この場所は晴れているときも素敵でしょうね。
戻ってから、帰路につきました。

たくさんのホタルブクロが咲いていました。

イカリモンガです。
テングチョウによく似ているでしょう!

カワラナデシコ

ユウスゲ
実はお客様も!
ヒラヤマアミメケブカミバエ
嬉しい初撮影!(^^)

なんと家路に向かおうとした瞬間、晴れ間が少しみえたのです!

青空はやっぱり、いいですね。

移動開始してすぐにミヤマカラスアゲハが!
本当にきれいなチョウです。
最後にいい思い出がまた追加されました。
私にとっては生き物たちの素敵な姿に出会えて大満足です。
動画の編集が遅れているのですが、うまくできたら追加します。

2021年7月12日月曜日

セグロアシナガバチと突然の別れ!ヒメスズメバチが襲った?自然の営みとは・・!

今年もセグロアシナガバチが営巣してくれて、毎日が楽しみでした。
残念ながら、別れは突然やってきたようです。
巣が空っぽになってしまったのです。

7月11日撮影したものです。
全くいなくなりました。幼虫も見えません。
7月9日撮影です。
オオスカシバの幼虫を襲うセグロアシナガバチ!
このとき肉団子を巣まで持ち帰るのも目撃したのです。そのときは巣は正常だったのです。
この翌日から巣にはいなくなったのです。

ただ、単独でセグロアシナガバチがたまに巣に来ていたのでまた巣作りをするのかと期待していました。残念ながら全く来なくなりました。
そのため諦めました。

7月2日撮影です。
実はスズメバチがたまに襲っていることは承知していました。
巣の下にも、スズメバチの死骸が増えていたので気になっていたのです。

7月1日に撮影したものです。働き蜂も増えてにぎやかでした。

6月24日から28日までの動画です。
28日の部分にスズメバチに襲われている瞬間が少し写っています。
このときは立ち寄っただけです。
他の日にも何度か目撃したのはすべて幼虫を襲う場面ばかりです。

スズメバチが襲うときは、セグロアシナガバチは全く無抵抗です。
一度も反撃したり抵抗しているのは見たことはないです。

以下に6月23日にヒメスズメバチに襲われていた写真を並べます。
体の大きさの違いがすごいです。
アシナガバチは近寄ろうとしません。
巣から遠ざかるものが多いです。

立ち向かうかな?
やはり無理なようです。

幼虫が狙いのようです。

余裕の行動です。

幼虫を食べています。

このとき感じたのはヒメスズメバチは幼虫を一匹だけ持ち出すと余裕で飛び去りました。
その後、セグロアシナガバチは巣に戻り、普通に子育てをしていたようなのです。
ヒメスズメバチがすべてを殺戮したとと推測できますが、実際には目撃できませんでした。
メダカの水槽に来るセグロアシナガバチも全くいなくなりました。











2021年7月9日金曜日

GoPro HERO9 更新(アップデート)v01.60 成功ですが・・・・フリーズはまだ継続する!

アップデート

 GoPro HERO9 更新(アップデート)を実施しました。
アップデートした後の動作確認結果をブログにしました。
今朝の瀬戸内海は梅雨の合間の僅かな晴れでした。
アップデートで大いに期待して動作確認したのです。

アップデートしてから動作確認です。

チョコの朝の散歩の様子です。
GoPro HERO9 は撮影するのはとても楽です。
ただ問題も多くて困っていました。(後述)

-------メーカーのアップデート資料は次の通り-------
https://gopro.com/ja/jp/update/hero9-black
HERO9 Black のアップデート v1.6 | 2021 年 6 月 22 日
HERO9 Black のアップデート v1.6
パフォーマンスの改善
メニューと設定のタッチスクリーン性能を改善
Quik アプリとの接続性を強化
The Remote でカメラを制御する際の信頼性を強化
QuikCapture の信頼性を改善
電源投入時の信頼性を改善
Open GoPro のカメラサポートを追加
ユーザビリティの改善
一般的なバグ修正とその他のユーザーインターフェイスの改善
------------------
今回もやはり苦労しました。
メーカー資料のとおりスマホから更新しようとしましたが、成功しません。
仕方なく前回メーカサポートを受けた資料でやってみたら成功しました。

成功したときの操作手順

以下は成功した部分のみの操作内容です。メーカーのURLを先ず開きます。(https://gopro.com/ja/jp/support/hero9-black-product-update)

a.SDカードをパソコンに装着し、パソコンでフォーマットしました。

b.次に、1.コンピューターに UPDATE フォルダーをダウンロードします。からUPDATE をダウンロードをクリックしました。ダウンロード先はどこでもいいのですが、SDカードにしておくほうが便利です。

c.ダウンロードしたファイル(圧縮)を回答します。SDカードに3つのファイルが確認できると成功です。

d.SDカードを GoPro HERO9 に装着して、電源を入れます。通常とは違う立ち上がり画面が発生します。数分間(全部で10分程度?)ですが、通常の画面になるまで我慢してそのまま待ちます。

e.最終確認;GoPro HERO9の設定メニューからバージョン番号 01.60になっていることを確認できました。

以上でアップグレード作業は終了です。

動作確認

私自身はGoPro HERO9はの利用をかなり良くしています。は良くしています。今回のアップデートで電源の投入動作は確かに安定していることを実感しました。
しかしながら、フリーズすることは完全に修正されていません。以前よりも発生頻度は減っている感じがしますが、やはり発生します。

フリーズすること自体が、製品として信頼性が非常に低いです。
早期に解決できないと今後はGoPro を購入することはしないと思います。
製品としての性能は満足していますが、フリーズすると撮影のチャンスを逃すだけでなく、撮影できていると信じていたものが記録に残っていないです。これが最悪なのです。

今の様子を記録しておきます。
不良現象
本日発生した状態!(最悪です。)
●録画ボタンを押すと、画面が真っ黒になる。
●録画ボタンしていることを示すタイマー表示は進行している。
●すべてのボタン操作を受付しなくなる。
●バッテリーを抜き差しして回復するが、すぐに再発するときもある。
●メーカーが主張する、推奨メモリーやバッテリーを使用している。

発生頻度はたしかに減りましたが、録画のON/OFFを繰り返すとやはり発生しました。もう自分で調査する気もありません。
このような製品を平気で出荷する神経は私には理解できません。
他にいい製品を待つしか無いですね。